チャットレディに嫌われる男性会員ってどんな人?

こんな男性会員はチャットレディから嫌われる

ライブチャットを楽しむには、男性会員としてのマナーを守ることが肝心です。とはいっても、チャットレディに好かれる男性会員もいれば、「もうこんな男性会員なんて二度とお断り」というほど嫌われる男性会員も確かに存在します。

それでは、チャットレディに嫌われる男性会員とは、どのようなタイプの人なのでしょうか。極端な例を挙げると、チャットレディに対して上から目線の男性会員は嫌われます。中には、「こちらはわざわざお金を払っているんだぞ。」と言わんばかりの態度をとる男性会員もいるようです。

ごくまれにノンアダルト系のライブチャットサイトに登録した男性会員の中には、アダルト的な要求をする人もいるようです。これはもう絶対にNGであきらかにルール違反ですね。もともとノンアダルト系だと知っていて登録したのですから、そんなにアダルト的なことをチャットレディに要求するのであれば、チャットレディだって人間なのですから、「そんなにエッチなことを望んでいるのなら、最初からアダルト系に登録すれば良いのに。」と思われるのは当然のこと。このような男性会員には二度と入室されたくないと思い、今後は入室を拒否される可能性もあります。

 

チャットレディは生身のひとりの女性だということを忘れずに

ライブチャットに登録した男性会員の中には、「チャットレディとのコミュニケーションがうまくできなくて。」と悩む人もいるようです。よく考えたら、チャットシステムによるリアルタイムの会話やメールなどのメッセージ機能は、便利なものではあるけれど、現代人はやっぱりまだまだコミュニケーション不足ですね。

ラインやツイッター、携帯電話のメール、フェイスブック、インスタなどSNSに頻繁に投稿することはあっても、生身の女性と向き合って会話をすることには、意外と慣れていない男性が世の中には多いようです。

男性会員もチャットレディと楽しく会話をしたいとは心得ているものの、これまでチャットの経験があまりにも乏しく、ふだん女性とリアルタイムで会話をする機会も少ないので、どのように振る舞ったら良いのか戸惑うこともあります。

チャットレディとの会話について、うまいテクニックなどはとくに必要ありません。それよりも、ひとつ心得てほしいことがあります。チャットレディという仕事は確かに接客業のひとつではあるけれど、生身の女の子であり、繊細な心をもったひとりの女性だということです。